●Z87/Z97マザーでの各タイミングの解説●

 多くの設定項目から成り立っているので、メモリのアクセスタイミング設定は一見難解に見える。
しかし、特性さえわかってしまえば難しさは半減するはずだ。
まずは、各項目の特性を知る所から始めよう。

 ユーティリティ上の各アクセスタイミングを4つに分けて、2nd/3rdの重要な部分を紫で囲んでみた。
画像の下におおまかな解説を入れたのでチェックしてみよう。

 ASRock TIMING CONFIGURATOR
m5
1st timings
 最も速度に影響のある部分。
CAS# Latency(CL)RAS# to CAS# Delay(tRCD)の2つが速度に直結する部分で、
特に後者のtRCDはメモリクロックの伸びに大きな影響を及ぼす。
tRCDの値を小さくするとメモリクロックは伸びにくくなるが大幅な高速化が見込める。
メモリクロックを伸ばしたい場合は、
RAS# Precharge(tRP)Cycle Time(tRAS)と一緒に値を大きく設定すると効果的。
Command Rate(CR)は速度重視の場合は1、メモリクロックを伸ばしたい場合は2に設定するとよい。

2nd timings
 2ndという名前の通りに、1stの次に速度に影響する部分。
この中でも特に重要なのは、紫で囲んでいる RAS to RAS Delay(tRRD)CAS Write Latency(tWCL)だ。
この2つの値は小さければ小さい程によい。
高速なモジュールであればtRRD=4/tWCL=6まで設定可能で、これが実用域での最小値。
OCしていく過程で意外と足を引っ張りやすいのがWrite Recovery Time(tWR)だ。
ここを余り詰め過ぎないようにするのが、高クロック低レイテンシ化を狙うコツだったりする。
設定がシビアなtWRとは真逆の性格なのがFour Activate Window(tFAW)だ。
詰めてもエラーを起こしにくいので、ガンガン詰めていくのが吉。
高速なモジュールであれば1618まで設定可能。
Refresh Cycle Time(tRFC)は、1st timingのRAS# to CAS# Delay(tRCD)と特性が似ていて、
速度重視なら値を小さくして、メモリクロック重視ならば値を大きくすればよい。

3rd timings
 各々の速度への影響は少ないが、まとめて設定する事で高速化に貢献するのが3rd timingsだ。
特にtRDRDからの9個の設定項目は、まとめて設定しないと逆に不安定になってしまうので注意。
tRDRDはICによっては4に設定できないものがある。
紫で囲んでいる tRDWRtRDWR_drtRDWR_ddの三つは、
3rd timingsの中では最も速度に影響する部分で、小さいほどに高速化が見込める。
一番下のtRDWR_ddを上の2つよりも小さく設定すると大幅に高速化する場合がある。
tREFIと書かれているのは“DRAM Refresh Interval”という設定項目。
こいつが曲者で、アクセスタイミングの中で唯一
大きくする事で高速化するという特性がある。
速さを求める場合は10,000以上に設定するといいだろう。
Super PI 32Mにおいては値を大きく設定する事で、
トータルでは高速化するものの、前半のループが遅くなる傾向があるので、
バランスを取って設定するのがキモ。
ちなみにASUSTeKのユーティリティであるMem Tweak Itでは、
2nd timingsに分類されている。

RTL-IOL
1st timingsと同等に速度に影響する部分。
アクセスタイミング全体のレイテンシを司っているからか、
1st/2nd/3rdを詰めれば詰める程、RTL-IOLの値を小さくする事ができる。
また、メモリクロックとも連動しているので、
メモリクロックが高くなるにつれてRTL-IOLの値も大きくなる。
1st/2nd/3rdの設定が終わった後に設定を行うのがミソ。





※DDR3-1600などの低クロック域では上記の設定値の目安が当てはまらない場合あり。